Hero of the Day

日々の雑感を徒然に

禁煙を始めたら体の異常がいろいろ起こって驚いた

      2016/08/27

2年ぶりに禁煙してみることにした

※禁煙開始から「1か月」の状況を追記しました
※禁煙開始から「4か月」の状況を追記しました

※「禁煙 おなら」のキーワードで検索してくる人が多いようなので、少し追記しました。

年末に風邪をひいたタイミングで禁煙することにした。何か特別な思いがあってということではなく、何となく禁煙するか、というぐらいの意気込み。2年ほど前にも禁煙したことがあるのだが、その時は願掛けの禁煙だったので、4か月ほどで願が成就したため、またタバコを吸い始めたのだった。

風邪でゴホゴホ咳き込みながら、それでもタバコが離せない人もいるが、僕の場合は風邪をひいたらタバコは吸いたくなくなるたちなので、禁煙を始めるなら風邪をひいた時がベストなタイミングだ。

今回の禁煙にあたって、ネットの体験談がいろいろ参考になったので、僕も自分の経験を書き残してみようと思う。これから禁煙しようとする人、禁煙を始めた人の参考になれば。

最後の1本は昨年12月28日の朝に吸った。今日で約10日間の禁煙期間になる。禁煙を始めたその日は風邪気味で具合が悪かったのだが、タバコを吸いたい気がしたので最後の1本を吸ったら(たまたま残り1本だった)、案の定、気持ち悪くなってしまい、半分ぐらい吸ったところで火を消して、これでタバコをやめようと決意した。

ニコチンはだいたい3日間もあれば体から抜けるそうだが、それがはっきり分かるような変化は無かった。喫煙していた時のタバコの量はハイライトを1日1箱。量としては平均的かもしれないが、タール17mg、ニコチン1.4mgと結構重い銘柄なので、「強いタバコですね」と驚かれることも多かった。

禁煙の辛さと吸っていたタバコの本数や重さが関係するかどうかわからないが、吸いたいという欲求は他の禁煙者と比べてそれほど強くないのではないかと思っている。ネットで検索すると「離脱症状」と言って、めまいなどが起こる人もいるようだ。幸い、そこまで強い症状は出ていない。ただ吸いたいという欲求は普通に沸き起こってくる。

吸いたくなるのは「食後」「コーヒー・酒を飲んだ後」「仕事で一息入れた時」など。特に食後満腹になった時の「吸いたい」がツラい。ただ冷静に考えると、ニコチンが切れてというよりは、習慣になっている行動を断ち切るのが難しい、という感じでもある。

<追記:禁煙から1か月>
禁煙後しばらくは、食後、無性にタバコを吸いたくなることが多かったが、その割合は減ってきた。食後は毎回だったのが、3回に1回ぐらいになった。

<追記:禁煙から4か月>
これぐらいになると、まったく吸いたくなくなると思っていたが、まだ全然吸いたいと思う。タバコの匂いには敏感になったが、匂いが我慢できないといった嫌悪感はない。

以前の禁煙時には出なかった症状が次々に起こる

禁煙をはじめてから一番驚いたのは、以前、禁煙した時には無かった体の変調が次々に起こったことだった。体に悪いタバコを止めるのだから、体の変調と言っても良い方向に向かいそうなものだが、総じて「体調がすぐれない状態」が続いた。(10日間ほど経った今はかなり落ち着いてきたが)

この「体調が悪くなる」が原因で禁煙を断念する人も多いんじゃないだろうか。それぐらい、はっきりと体調が悪くなったという実感がある。

最初の数日間は、風邪は治っているはずなのに、咳や痰が出て閉口した。ネットで読んだブログには「体がよくなる過程で悪いものを出している状態」と表現しているものもあったが、本当かね?と思う。この症状は4〜5日続いた。現在は気にならない程度におさまっている。

もっともツラいのは「おなら」

次に驚いたのが「おならがたくさん出るようになった」こと、そして「出るおならが、ものすごく臭い」ことだ。ありがたいことに外出中はそれほど出ることはない。何らかの緊張感がおならを抑えてくれているのかもしれない。ひどいのは就寝時で、ブスブス出まくる。

とにかく、布団の中でおならをすると自分でも凹むぐらい臭い。一緒に寝ている連れには申し訳ないが、自然現象なのでどうしようもない。(だいたい先に寝ているのが救いだ。。)

おならが臭いということは当然ながら便も臭い。体調によって便の臭いは変わるものだが、今までにない悪臭だ。自宅はともかく、外出先や職場でトイレに入る場合は、後から入れ替わりで入られないように空いている頃合いを見計らってしまう。

この状態がいつまで続くのか分からないが、禁煙によって腸の状態が変わったことが原因のようだ。「禁煙 おなら」で検索すると山ほど関連ページが出てくる。中には便秘になる人もいるらしいが、僕の場合、そういう症状は出ていない。ネットで調べると数ヶ月で自然に改善されたなどの報告があるようだ。しばらくは体の変化と割り切るしかないだろう。この症状は多少改善されているような気はするが、今も続いている。

<追記:禁煙から2週間>
おならの回数はかなり減ってきた。臭いは相変わらず。

<追記:禁煙から1か月>
おならの回数は激減。匂いも禁煙直後を100とすると現在は20ぐらいに低下してきた。

<追記:禁煙から4か月>
平常時に戻ったように思う。特に気にならない。

眠りは浅く、そして頻尿に

また、眠りが浅くなった。夜中に何度も目をさます。起きると大抵トイレに行く。それほど水分は摂ってないはずだが、普通に小水が出る。尿意はあるが出ない、というわけではないので前立腺肥大症などの病気ではないと思うが。。

多い時は一晩で5〜6回起きることがある(ここ数日は減ってきているが)。ただ、目を覚ましてもまたすぐに眠れるので、それで睡眠不足になるというわけでもない。ただ実質、5〜6時間しか寝てないのに、朝起きてから日中ずっと眠気に襲われることが少なくなった気はする。睡眠の質は改善されているのかもしれない。以前のように寝ても寝ても眠たいということはなくなった。

もっとも睡眠については、時期的な要因かもしれないので(年末年始の休暇明け間もない時期でもあるし)、もう少し経過を見る必要があるだろう。疲れが溜まってくれば、また変わってくるかもしれない。

<追記:禁煙から1か月>
頻尿は改善された。眠りが浅いのは定着したらしく、尿意で目が覚めてトイレに行くことが増えたが、睡眠に影響を及ぼすほどの回数ではない。

<追記:禁煙から4か月>
これも元に戻ったように思う。寝れば普通に朝まで寝付く。

異常に食欲が増す

これはよく言われることだが、明らかに食べる量が増える。タバコをやめると味覚が鋭敏になって、、、という言い方をする人がいるが、あれは嘘だ。喫煙で満たされない欲求を補うために食べてしまうのだと思う。とにかく何か口にしていたいと欲求に駆られてしまう。ガムや飴など口の中に含むようなものではなく、「くわえる」感じじゃないとダメなようだ。食べる以外で口を使うとなると「飲む」行為だが、飲み物の量も確かに増えた。職場だとコーヒー類が多いが、これが頻尿と腸の不調を招いているのかもしれない。(コーヒーの飲み過ぎは胃腸に良くないので)

禁煙だけでも辛いのに、さらにダイエットというのは、かなり根性がいる。いまのところ気にはなっているものの、食べるのは抑えきれていない状況だ。

<追記:禁煙から1か月>
体重は3Kgほど増えた。やはり食欲は旺盛になるようだ。吸いたい欲求がかなり治まってきたので、そろそろ食事制限してみるか。。

<追記:禁煙から4か月>
体重は6〜7kg増。。禁煙のつらさもほとんど無くなってきたので、ダイエットせねば。。

息子が元気になった

書こうかどうしようか迷ったが、書いてみることにする。禁煙を始めてからほぼ毎日、朝勃ちするようになった。最初は周期的なもの(そっちの欲求って波があるので)だと思っていたが、ずっと続いているのでそういうことでもないらしい。喫煙は血行を悪くするというので、禁煙すれば逆に血行が良くなって...ということかもしれない。勃起不全は脳梗塞など血管がつまる病気の前触れという話も聞いたことがある。僕はそっちの衰えについては悩みは全く無いので、正直、あんまり元気になられても困るのだが。。

タバコを吸っていて、EDに悩んでいる方は禁煙を検討してみることをおすすめしたい。

<追記:禁煙から1か月>
特に変わらず、調子はいいようだ。あまり調子良くても困りものだが。。

<追記:禁煙から4か月>
おかげさまで元気です ^^;

トータルで考えればメリットの方が多いが...

いろいろ体調の不良を書き綴ったが(最後のは不良では無いね。。)、メリットもたくさんある。例えば、

  • お金を節約できる。1日1箱だと1か月で約12000円の節約。ただし食欲が増すことで食費に消える場合もある。
  • 飲食店に入るときなど、タバコが吸えるかどうか気にしなくて済む。
  • 持ち物が減る。タバコ、ライター、吸い殻入れ。忘れた時にコンビニで購入する必要もない。
  • 服がタバコ臭くなくなる。柔軟剤のいい香りが持続する。
  • 歯のクリーニングが不要になる。以前は3か月に1度はヤニ取りの必要があった。
  • 部屋の壁紙の汚れを気にしなくて済む。賃貸だと退去時に壁紙の張り替え費用を請求されることもある。
  • 部屋の換気が不要になる。以前は換気扇を24時間オンにしていた。

といった感じ。上で書いた体調不良が一時的なもの(多分)でいずれ解消されるものだと考えると、禁煙にはメリットしかないと言い切っていいだろう。

「タバコの煙をくゆらせる」という行為を失ったことに一抹の寂しさを感じてしまうが、これはタバコ産業が影響力を持っていた時代を生きてきたからであって、うちのチビに聞くと、タバコを吸う=かっこいいというイメージは全く無いと言う。ハードボイルドの世界観に憧れてキャメルを吸う、なんてことはこれから成人する若者には起きないのだろう。

とりあえず現時点での禁煙状況を書いてみた。また変化が起こったら書いてみることにする。

追記

少し前から、 禁煙ブログ というサイトを更新している。

禁煙関連のトピックスのまとめサイトみたいな、他愛もないブログだが、意外と禁煙継続のモチベーション維持の役に立っている。

興味があれば覗いてみてほしい。

追記2016.05.31 禁煙後のおならについて

個別ページのアクセスはあまりチェックすることはないのだが、このページは「禁煙 おなら」というキーワードで検索して見に来る人が多いようだ。

僕も禁煙を始めた頃はかなり苦しめられたので、同じように困っている人が多いのだろう。

禁煙するとなぜ、おならが頻繁に出るようになるのかという理由については、あまり医学的に説明しているページはないようだ。

ひとつ言えるのは、今まで入ってきていたニコチンやタールなどの異物がなくなると、身体に変化が起こるということだ。

おならが出るのは腸の状態が変わったということだろう。

ひとによって差はあると思うが、概ね2週間から1ヶ月ぐらいすると、以前のレベルに戻るようだ。

僕の場合は、おならのにおいや出る頻度が元に戻るまで1ヶ月ぐらい、かかった。

においがきついのは、一時的にでも食生活を野菜やくだもの中心に変えるぐらいしか手はないと思う。

おそらく劇的に改善するのは難しいだろう。

ただ、必ず良くなるので、くじけず禁煙を続けてほしい。

※においの改善については、こんなサプリがあるようだ。どうしても我慢できないという場合は、こういうものを併用してみてはどうだろうか。

 - 煙草